裏側矯正専門医 大人のための 歯列矯正 歯並び矯正

歯列矯正の基本
正しい噛み合わせ
歯並びとからだの関係
噛み合わせ美人
歯列矯正の治療方法
歯列矯正の種類
矯正期間短縮方法
抜歯・非抜歯
ウェディングと裏側矯正
医療費控除
歯列矯正ケーススタディ
八重歯
出っ歯
受け口
開咬
すきっ歯
過蓋咬合
協力医院
詳しくはこちら

歯列矯正ケーススタディ | 受け口

八重歯の症状

歯の噛み合わせが上下逆になっている状態のことを、一般的に『受け口(下顎前突・かがくぜんとつ)』といいます。

正しい噛み合わせとは、上の歯が下の歯の上に被さる状態で、表に見えるのは上の歯になります。ところが、下顎の骨が発達し過ぎて前に突き出てくると、上下の歯の噛み合わせが逆になり、下の歯が上になってしまうのです。この状態を『受け口』といいます。

この症状は、下顎が大きすぎる、または上顎が小さすぎるために起こるため、物が噛みにくくなります。歯茎も下がりやすくなるため、歯肉炎や歯周病の原因になることもメールで無料相談また、顎の関節が痛くなるといったトラブルが起こる場合もあります。このほか、聞き取りにくい喋り方や、横を向くと顎がしゃくれているなどの、外見上の特徴もあります。

PAGE TOP

受け口になる原因

受け口の原因は、遺伝的要因(顎の形や大きさ)と機能(噛み合わせや筋肉のバランスなど)が複雑に影響しあっています。そのため、一つの原因に特定することは難しいといえるでしょう。

幼児期の指しゃぶりや口呼吸などの習癖、成長期の顎や歯の成長発育における不調和(アンバランス)が、顔の形(形態)や機能といった他の要素と組み合わされて、受け口(反対咬合)の状態を作っていると思われます。

たとえば、奥歯(臼歯部)に歯と顎の大きさの不調和(デスクレパンシー)があると、奥歯の高さ(高径)が高くなり、奥歯を支点にして下顎が前方へ押し出されます。そのため反対咬合になると言われています。

しかし、奥歯に叢生があるからといって、必ずしも反対咬合になるわけではありません。上顎の前方への発育が悪いなど、何らかの遺伝的要因が影響していると考えるべきでしょう。

乳歯の反対咬合は習慣的(機能的)なもので、永久歯になると自然治癒することもあります。したがって、成長期の子供の反対咬合の予防的な矯正治療は、前歯が永久歯に変わる時期に、上下の顎の成長に不調和(アンバランス)があるケースに対して行う方が良いと思われます。

PAGE TOP

受け口の治療

症例1.上顎が小さく、下顎の前歯が外側に出ている

奥歯(小臼歯)を抜かず、前歯を広げる矯正治療を行います。

症例2.下顎が出ている

下顎の奥歯(小臼歯)を抜き、下顎の前歯を内側に引っ込める矯正治療を行います。この方法でほとんどの症例は治ります。

症例3.下顎のサイズが大きいため、外科手術が必要なケース

外科手術を行い下顎のサイズを小さくします。手術前および手術後の各1年間は、矯正装置を取りつけ治療を行う必要があります。

症例によっては、部分矯正だけで治療できる場合もあります。

PAGE TOP

受け口矯正のメリット・デメリット

治療終了後、横顔のラインが明らかに変わることが大きなメリットです。今まで前に突き出ていた顎が後ろに下がるため、横顔のフェイスラインが変わったことが、はっきり分かります。

矯正だけ、あるいは外科手術を行う場合など、状況に応じメリット・デメリットは異なります。症例1〜3のメリット・デメリットは次のようになります。

症例1.上顎が小さく、下顎の前歯が外側に出ている

前歯を広げる治療だけですむので、歯を抜く必要がありません。歯を動かす治療期間は1〜2年程度かかりますが、矯正だけですむので、肉体的な負担がありません。

症例2.下顎が出ている

舌側矯正だけで済みますが、歯を抜く必要があります。歯を動かす治療期間は2年程度になります。

症例3.下顎のサイズが大きいため、外科手術が必要なケース

顎を小さくするために外科手術を行います。術後2週間〜3週間は腫れが続きまので、時間の余裕があるときに手術を受けた方がいいでしょう。手術前後の各1年は、舌側矯正などで歯列矯正を行うため、歯列矯正に比べ費用と時間がかかります。ただし、顎変形症と診断されれば、保険の適用もできます。

PAGE TOP

メールで無料相談