裏側矯正専門医 大人のための 歯列矯正 歯並び矯正

歯列矯正の基本
正しい噛み合わせ
歯並びとからだの関係
噛み合わせ美人
歯列矯正の治療方法
歯列矯正の種類
矯正期間短縮方法
抜歯・非抜歯
ウェディングと裏側矯正
医療費控除
歯列矯正ケーススタディ
八重歯
出っ歯
受け口
開咬
すきっ歯
過蓋咬合
協力医院
詳しくはこちら

歯列矯正の基本 | 抜歯・非抜歯

歯を抜かないと、綺麗な歯並びにならないの?そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。確かに、歯を抜いた後に矯正を始めることもあります。しかし、症例によっては抜かなくてもいい場合があるのです。歯を抜く必要があるかどうかは、不正咬合の状態と顎の骨や歯の大きさに左右されます。

抜歯が必要な場合

でこぼこの歯並びを整えるために、歯列矯正で歯を適切な場所に動かしてあげます。このとき移動するスペースがないと、歯にとって身動きがとれない窮屈な状態になってしまうのです。そこで、歯が移動して収まる場所を確保するために、抜歯を行います。特に歯に対し顎が小さい場合、開咬(かいこう)や過蓋咬合(かがいこうごう)などの複雑なケースでは抜歯が必要になる場合が多くなります。

PAGE TOP

抜歯が不要な場合

歯が動くスペースが十分にある場合や、歯を動かす方向や位置を工夫することで、抜歯をせずに矯正が行えることがあります。

  • 奥歯を後方にずらし歯の移動スペースを作ることが可能な場合。
  • 歯列全体を拡大して移動させる場合。
  • 数本の歯を薄く削ることで歯の動くスペースを作る場合。

PAGE TOP

メールで無料相談