裏側矯正専門医 大人のための 歯列矯正 歯並び矯正

歯列矯正の基本
正しい噛み合わせ
歯並びとからだの関係
噛み合わせ美人
歯列矯正の治療方法
歯列矯正の種類
矯正期間短縮方法
抜歯・非抜歯
ウェディングと裏側矯正
医療費控除
歯列矯正ケーススタディ
八重歯
出っ歯
受け口
開咬
すきっ歯
過蓋咬合
協力医院
詳しくはこちら

歯列矯正の基本 | 矯正期間短縮方法

複雑な不正咬合(ふせいこうごう)の場合、通常の唇側矯正(しんそくきょうせい)や舌側矯正(ぜっそくきょうせい)だけでは、治療期間が長引いてしまいます。そこで、いくつかの治療方法を組み合わせることで、期間を短縮させることができます。

インプラント矯正

歯の骨にチタン製の人工歯根(人口の根)を埋め込み、その上から人工の歯を被せる治療方法で、失ってしまった歯の機能を回復するための治療法。そのため、一般的なインプラント治療とは目的がまったく異なるのです。矯正装置を取りつける際、歯を移動させるための固定源として人口の土台を埋め込みます。歯が移動した後は必要なくなりますので、再び取りのぞきます。

インプラント矯正のメリットは、歯の動きを正確にコントロールしやすくなることです。また、笑ったときに歯茎が見えるような出っ歯も改善しやすくなります。デメリットには歯科手術が必要なことがあげられるでしょう。

手術は1本につき15分〜20分と短時間で終了します。

メールで無料相談術後、親知らずを抜いたときのような腫れがありますが、2〜3日で治まりますので心配いりません。なお、術後の感染予防のために、埋めこんだ土台の周りは清潔にしておくなどの注意が必要です。

PAGE TOP

コルチコトミー(促進矯正法)

歯茎に細い溝のような切れ目を入れる外科手術で、唇側矯正(しんそくきょうせい)や舌側矯正(ぜっそくきょうせい)と併用して行うもの。

歯の周囲の硬い骨表面(皮質骨)に溝を入れることにより、歯の動きに対する抵抗を少なくして、歯の移動を楽にさせてあげます。これにより歯の動くスピードが早まり、治療期間が大幅に短縮できます。

外科手術といっても入院の必要がなく、2時間ほどで終了します。手術後、歯茎が腫れることがありますが、ほとんどの方が2〜3日で治まるようです。その後、矯正装置を取りつけ歯を移動させます。
メリットには、治療中の歯のダメージが少ない、痛みが和らぐ、矯正後の後戻りが少ない、などがあります。

PAGE TOP

メールで無料相談