裏側矯正専門医 大人のための 歯列矯正 歯並び矯正

歯列矯正の基本
正しい噛み合わせ
歯並びとからだの関係
噛み合わせ美人
歯列矯正の治療方法
歯列矯正の種類
矯正期間短縮方法
抜歯・非抜歯
ウェディングと裏側矯正
医療費控除
歯列矯正ケーススタディ
八重歯
出っ歯
受け口
開咬
すきっ歯
過蓋咬合
協力医院
詳しくはこちら

歯列矯正の基本 | 歯列矯正の種類

“矯正”ですぐ浮かんでくるのが、“前歯に巻いたワイヤー”。口を開けたときにワイヤーが目立つため、若い女性の中には、「恥ずかしくてイヤ!」と、矯正 を躊躇している人もいるほどです。しかし、これは一昔前のお話。今の矯正技術は進んでいて、取りつける装置の素材が改良され、以前に比べ目立たなくなって います。

唇側矯正(しんそくきょうせい)

一般的な矯正方法で、歯の表面に『マルチブラケット装置』という矯正装置を取りつけ、メタルなどのワイヤーを通して固定させることで、歯を引っ張っていきます。ブラケット装置の役割は、歯にワイヤーの力を均一に与えるためのもの。ワイヤーが外れてしまっては治療効果があがりませんので、ブラケットからワイヤーが外れないように、ゴムなどでしっかり固定させていきます。こうして、歯は長い時間をかけてゆっくりと移動し、理想的な歯並びとなるのです。

ブラケットの素材はメタルが主流のため、口をあけると金属が目立ちます。最近ではセラミック製のブラケットなど、あまり目立たないものが増えきました。その反面、メタルに比べ壊れやすく、料金も少々高めというデメリットもあります。どちらを選ぶかは自己判断ですが、両方のメリット・デメリットなどを比較した上で決めましょう。

一方、ワイヤーの素材はメタル(金属)が主流です。そのため「固くて簡単には曲がらないでしょ?」なんて、思っている方も多いようです。意外にも、このメタルはしなやかで曲げやすく、歯の形に併せて自在に巻くことができます。

メールで無料相談最初は細いワイヤーから始めるので歯にかかる力は弱く、ひどい痛みに悩まされることはありません。その後、歯の状態などを見ながら太めのワイヤーに変えていき、歯並びを整えていきます。

PAGE TOP

舌側矯正(ぜっそくきょうせい・裏側矯正)

いくら綺麗な歯ならびになるといっても、笑うと装置が目立っては、患者さんにとっては大きなストレスになります。そんな方でも、抵抗なく行える矯正方法が『舌側矯正』です。歯の裏側に『舌側リンガル装置』を取りつけるので、口をあけても矯正装置がまったく見えません。誰にも知られずに矯正できるのが、最大のメリットとも言えるでしょう。また、唇側矯正(しんそくきょうせい)のように、装置がくちびるの裏側にあたって痛いということもありません。ただし、特殊な技術力が求められる矯正方法ですので、歯科医選びは慎重に行いたいものです。

舌側矯正には、次のようなメリットとデメリットがあります。よく比較した上で検討しましょう。

舌側矯正のメリット
矯正装置が目立たないので、矯正中の外見上のストレスが少ない。
出っ歯やすきっ歯など、あらゆる不正咬合の矯正が行える。
治療期間は唇側矯正とほぼ同じ。
特に噛み合わせの深い症例を効果的に治療できる(バイト・プレーン効果)
楽器を演奏するとき、装置が比較的邪魔にならない。
スポーツをするとき、比較的安全である。
舌側矯正のデメリット
装置が舌にあたるため、違和感がある。
慣れないうちはタ行、ナ行、ダ行、ラ行などが発音しにくくなる(慣れるまで通常2〜3週間かかる)。
唇側矯正に比べ費用が高い。

これらのデメリットは、上歯は舌側矯正で行い下歯は唇側矯正にするなど、両方を併用することで緩和することができます。また舌には自浄作用がありますので、正しい歯磨きを行い口腔内を清潔にしておくことで、虫歯や歯周病を防ぐこともできます。

PAGE TOP

マウスピース矯正

ブラケットやワイヤーを使わず、透明なプラスチック製の矯正装置を口の中に装着する方法です。メリットは矯正装置がまったく目立たないということ。またブラケットやワイヤーのように、口の中の違和感がなく、自分で取り外しができます。

この方法で矯正できるのは、軽度の乱杭歯や曲った歯など症例が限られます。また、装着時間も1日18時間〜20時間と長いため、根気がないとなかなか続きません。半年〜8か月ほど部分矯正を行い、その後マウスピース矯正に切り替える方式が、最も効果的です。

PAGE TOP

審美的矯正装置:固定式と可撤式装置の違い

成人の矯正装置の外見(審美性)に対する要求は高いものがある。

固定式のセラミックス装置と透明なファイバー・ワイヤーそして、舌側(裏側)装置等の、新しい術式が普及して来ている。
最近、歯の部分的な矯正に、取り外し可能(可撤式)で透明なレジン・アライナー が審美的矯正装置として使用されている。

この種の装置は、本来は前歯の小範囲の悪い歯並び(叢生)や隙間が1ミリ程度の すきっ歯の治療に用いられる装置で、毎日17〜20時間使用する必要がある。しかし、最近はどんな悪い歯並びでも治ると明言されている広告をよく目にする。 これは、やや過大広告のおそれがあるかもしれない。 当院では、前歯だけの部分的矯正のケースに対して、外から見えない固定式の舌側
(裏側)矯正を用いて6ヶ月程で大きな歯並びの不正を治し、希望者には早めに透明な レジン・アライナーに変えて、小さな歯並びの不正を治す方法も採用している。

一方で、最初に透明なレジン・アライナーを用いて、その後仕上げに固定式の矯正 装置を使う方法が、レジン・アライナーを使っている先生から提言されているが、 これは、むしろ本末転倒で非効率な方法であると思われる。

いずれにしても、取り外し式の矯正装置では、成功するか失敗するかは患者さんの協力 次第ということになります。

PAGE TOP

メールで無料相談