裏側矯正専門医 大人のための 歯列矯正 歯並び矯正

歯列矯正の基本
正しい噛み合わせ
歯並びとからだの関係
噛み合わせ美人
歯列矯正の治療方法
歯列矯正の種類
矯正期間短縮方法
抜歯・非抜歯
ウェディングと裏側矯正
医療費控除
歯列矯正ケーススタディ
八重歯
出っ歯
受け口
開咬
すきっ歯
過蓋咬合
協力医院
詳しくはこちら

歯列矯正の基本 | 歯並びとからだの関係

「歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすい」。これはよく知られていることですね。実はこれ以外にも、さまざまな病気を引き起こしているのです。

噛み合わせが悪いと、顎や頭、首、腰、背骨などにズレや歪みが生じてきます。そのため身体のあちこちに変調をきたし、頭痛や肩こり、腰痛などを訴えることもあります。さらに、食べ物をよく噛むことができないため、唾液の分泌が減り満腹感が感じにくくなります。そうなると、つい食べ過ぎてしまい、肥満や消化不良、胃腸障害を招いてしまうこともあります。

一方、メンタル面にも大きく影響してきます。顎の骨がずれていると首を支える筋肉が緊張します。そのため、イライラしたりぼんやりしたりすることが増え、ひどくなると不定愁訴(原因不明の体の痛みや不調)を訴えることもあります。

このほかに、歯と顎の骨の成長不足から起こる舌足らずな喋りかた、タ行、ダ行などの特定の言葉が発音しにくいこともあります。
悪い噛み合わせは顎の骨に負担をかけ、ひどくなると口を開けた時にカクカク音がしたり、痛みを伴ったりする『顎関節症(がくかんせしょう)』を引き起こすこともあります。早目の治療が大切です。

メールで無料相談